こんちゅう

エッセイ・小説・ブログ・楽譜置き場。 不定期更新。

量子情報科学入門(一日一冊、2/28)

数物セミナーのすべての工程が終わった.これから,この「一日一冊」企画の集大成を始めたいと思う.

 

「量子情報科学入門」(石坂智 ほか,2012,共立出版)この本は,最近話題の量子コンピュータの数学的原理を学ぶ本である.「一日一冊」企画としてこの本を紹介するというのが,実はこの企画を練っていたころからの野望だったのだ.

量子コンピュータはもちろん量子力学に立脚しているが,この本は(一応)量子力学を未修の人でも読めるような工夫がなされている.が,おそらく量子力学をやってからこの本を読んだほうが何倍も良いであろう.
量子コンピュータの原理とは何か.量子力学特有の重ね合わせという状態と,時間発展はユニタリ発展であるという特性を生かしているところに最大の特徴がある.これにより,従来の古典コンピュータでは指数オーダーかかるような問題も,(問題によるが)多項式時間で解決できるのだ(ことがある,と表現するほうが正しいかもしれない).

もちろん完璧な実用化までは(デバイスが出来ていないため)ほど遠いかもしれない.が,今の技術発展をみるに近似系や少し簡単なモデルで可能な面もあるし,なにより今から理論を詰めることにおいて早すぎるということはない.この本は量子論の基礎について詳細な説明もなされているし,行間も少ないのでオススメだ.量子コンピュータに興味があり,量子力学のことはじめを勉強した人は,是非チャレンジしてみてはどうだろう.

 


というところで,この本をもって「一日一冊」企画は終了としたいと思う.途中抜け落ちているところもあるが,私にしては続いたほうなのではないか.
この1ヶ月の総まとめはまた別の記事に書く予定であるので,そちらもよければ読んでほしい.この「一日一冊」感想文シリーズを読んでくださった方全てに感謝する.

 

量子情報科学入門

量子情報科学入門

 

 

戦下のレシピ(一日一冊、2/27)

と言うわけで数物セミナー3日目だ.(といっても,この感想文を書いているのは翌日の帰りの新幹線の中なのだけれど)

 

今日は「戦下のレシピ」(斎藤美奈子岩波書店,2015)という本を読んだ.この本は,第2次世界大戦中の日本において,人々はいったいどのような食事をしていたのかを調べた本である.

著者は,戦時の食事を調べる手段として「婦人雑誌」を用いている.婦人誌には家事・子育て・手芸などの情報が書かれているが,その中でも特に「食」を扱う割合が多かったらしい.明治末期には既に150を超える婦人誌が発行されており,1931年には「主婦之友」が60万部,「婦人倶楽部」が55万部発行と,いかに庶民の間に普及していたかが分かる.

そのような婦人雑誌だが,そのほとんどは戦争が悪化するにつれ廃刊に追い込まれていった.そのなかでもいくつかの雑誌は,質素なつくりになりながらも,戦争中に食料が不足して困っている奥様方の助けとなるべく,数多もの「節約レシピ」を開発し,紹介している.

 

このようにこの本は一貫して「婦人雑誌」をもとにして時系列順に描かれているのだが,これがまあ面白い.政治の変化,戦局の悪化がもろに台所に影響を及ぼすのがよくわかる.本文中にて筆者は,「(戦争中に食料が不足したり,配給品を得るために何時間も並んだり空襲警報に怯え過ごすことの精神的疲労が生じたなどの事実に対し)そんなことは戦争の中の枝葉の部分でしかない,と思う人もいるだろう.でも,じつは,寝不足で重労働で飯がない,それが戦争の本質かもしれない」と述べる.戦争とは多角的なものだ.皆様もぜひ,「食」という観点から第2次世界大戦を見つめ直してはいかがであろうか.

 

 

ボランティアという病(一日一冊、2/26)

数物セミナーも2日目である.周りが皆理学部のプロで嬉々として可換環について語っている中ひとり工学部のワイ,完全に異世界にきた気分である.

 

今日読んだ本は「ボランティアという病」(丸山千夏,2016,宝島社)前回までの反省を生かして比較的最近出版された本だ.時期としては熊本地震が起こった直後,数多くの民間ボランティア団体が乱立し,その中にはあまり適切でないような団体もあり問題であるという話.ボランティア問題はたびたび指摘されているし,マスコミでも注意喚起が行われている.つまり,自分の食事や睡眠場所は自分で確保すること,決して被災者の方々,もしくは他のボランティアの方々に迷惑をかけてはいけないことなどがある.しかし,それに加えて「変な民間ボランティア団体には所属しない」という注意喚起が追加されるべきであろう.それら団体の会計事情は不透明であるし,そこに所属して頑張った結果はすべて代表の功績に代わられる可能性もある.

まあ言っていることはだいたい注意喚起のレベルとして正しいし,実際にそう思うが,私が注目したいのは,この筆者はFacebookTwitterというSNSや,2ちゃんねるなどの情報をしばし活用しているという点にある.
もちろん,それらサイトに載っている情報をそのまま鵜呑みにしているということではなく,「これらサイトには〜などという人もいる」という形で引用している.少し古い本ばかり読んできた私からすれば,ここまでSNSの動きを取り入れる本というのは個人的には驚きだ.そこまでSNSというものが社会において影響力を占めてきているということなのだろうが,ネット上の書き込み,特に2ちゃんねるなんかは所詮「便所の落書き」である.この本は全くそんなことはないのだが(つまり,実際に熊本に取材に行っている),今後SNSの情報や動きだけをまとめてさも学術的のように振る舞う本も出てくるのではないだろうか,もしくはもう既に存在しているのだろうかと思うと,不思議な気分である.

 

ボランティアという病 (宝島社新書)

ボランティアという病 (宝島社新書)

 

 

バッタを倒しにアフリカへ(一日一冊、2/25)

 

今日からは春休み前半のメーンイベント,数物セミナーが始まる.始まる前にTwitterエゴサしたところ,なんともまあ強そうな人たちばかりである.何よりも彼らは心の底から勉強が楽しそうだ.私もその中に楽しみを見出す瞬間があるにはあるが大部分はつまらない作業であることが多く,つくづく自分は研究に向いていないなあと思う.まあ折角大金とそこそこの予習時間をはたいて行くのだから,同世代のガチプロの人たちから何か学びたいものである.

そんなこんなで初日の行きの新幹線から既にネガティブで参加しなけりゃよかったと軽く後悔しているがさておき.今日の予定を見たらどうにも自由時間がなさそうなので新幹線の中で今日の一冊を読む.
「バッタを倒しにアフリカへ」(前野ウルド浩太郎,光文社,2017)この本は2018年の新書大賞を受賞しているということで手に取った.最初の数ページを読んだだけでこの本がどのような本なのかが分かる.つまり,バッタを研究して論文をいて実績を上げて昆虫博士になるためにアフリカに旅立ちバッタのフィールドワークをしようとするが,肝心のバッタが60年に一度の大干ばつにより全然見当たらずヤバイ!という,まあアフリカ体験記のようなものである.

そのような序文とタイトルと表紙と煽り文から既にこの人は変人なんだなと思わなくもないし,まあ内容としても奇抜で語り口が軽快なので多くの人に受け入れられ,新書大賞を穫るというのもうなずける.
だがやはり,大学生から見て注目したいのはその研究の過酷さ,アフリカのモーリタニアという日本人がわずか数十名しか滞在していない僻地に行き,現地の厳しい生活を受け入れつつなお果敢にフィールドワークに励む姿は,これこそまさに研究者なのだなあという,この前読んだ1950年の地域社会と通ずる(ある意味平凡な)感想を抱いた.しかしこれだけしても,研究員としての正職に就くのは厳しいというのだから世知辛い.

と言うわけで今日の感想は終わりだ.新幹線がもう少しで目的地に就くというのもあるが,この本は純粋に「読み物として面白い」ので,特段感想を述べる点もない.興味があれば読んでみてはいかが.
ただし,本書には数枚,「バッタがうじゃあってなっている写真」やらが載っているので,そういうのが苦手な人は要注意だ.

 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

 

かいけつゾロリ きょうふのちょうとっきゅう(一日一冊、2/24)

明日から所用で4日間ほど静岡に滞在する。お前先週も静岡行ってたやんけというのは内緒の話。また静岡おでん食べたいが時間的に厳しそう。

 

さて、そんなこんなでそれの準備に忙しく*1、本を読む時間もそんなにないだろうと思い、明日から4日分の本を図書館で借りたついでに、児童向け本コーナーに立ち寄った。

児童本コーナー!懐かしい本が立ち並ぶ。周りの小学生から白い目で見られているのを薄々感づいてはいたが、いや、しょうがない。私には確固たる目的があるのだ。そう、私が小学生のころ、ものすごく大好きだった、かいけつゾロリシリーズを見に行くのだ。

 

先ほど懐かしい本が立ち並ぶと表現したが、小学生時代私は実際のところほとんど本を読まなかった。私は漫画大好き人間だったので、学年誌を買ってもらったり、図書館に置いてある手塚治虫の漫画を読みふけったりしていたものだ。特に手塚治虫の漫画では「バンパイヤ」が好きだったのだが、この話が通じる人はいるだろうか。

そんな感じで漫画ばかり読んでいた私も、かいけつゾロリシリーズには本当に夢中になった。いや、これは最早本ではないと表現した方がおそらく正確であろうくらい、絵がたくさん描かれているのが特徴なのだが、まあ今時かいけつゾロリを知らない人などいないであろうからそのあたりは省略する。

 

10年ぶりくらいに読んで抱いた感想は、やはり今読んでも面白いということだ。子供にとって本当に面白いものは大人が見ても面白い。子供だましというものがいかに通用しないかがわかると思う。読んでいるときの目線の誘導、ところどころにしかけられている遊び心、わくわくさせるような作りこみなど、多彩にちりばめられた工夫が、読者を全く飽きさせずに最後まで引き込む。子供のころは気づかなかったけれど、なるほどこれはすごいという点に、本の最初から最後まで、つまり表紙の裏から背表紙の裏まで絵がみっちりと詰まっているのである。子供にとっては、ああここにも何か書かれてる、ここにもあったみたいに、まるで探検のように感じられるだろう。

 

一時のような勢いはないかもしれないが、それでもうちの図書館にかいけつゾロリシリーズはもう数冊しか残っていなかった。かいけつゾロリは世代を超えて皆に愛される本であろうと、強く確信した一日だった。

 

 

*1:実際には、本日(2/24)は文字通り何のやる気も出ずずっと寝ており、この記事を書きだしたのも、準備をし出したのも、日付変わって午前2時になってからなのであった

ロボットは東大に入れるか(一日一冊、2/23)

今日は所用あって国立国会図書館に来た.この図書館では基本的に書物は書庫に保管されており,我々がインターネット上で貸出申請を行い,取ってきてもらうのがスタンダード・スタイルとなる.
しかし,開架に何も本がないというわけではない.今ざっと見渡したくらいでも,おおよそ京都大学附属図書館程度の本は陳列されている.もちろん,ジャンルには偏りがあり,特に司法関係や政治関係の議事録が多いのは間違いないが.

貸出申請を行い手持ち無沙汰となった私は,今日の一冊はここから選ぶかということで,情報関連の書架を見に行った.驚いたことに,もちろん京都大学のそれと比べると断然少なくはあるのだが,それでも十分な量の本,特に最近の,ディープラーニングに関する技術書や,今日選んだ「ロボットは東大に入れるか」(新井紀子・東中竜一郎,東京大学出版会,2018)のようなホット・トピックの本が並んでいる.しかもキレイだ.僕が手に取った3冊の本全て新品同然で,おそらく誰もわざわざこんなところにこんな本を読みに来る人はいないのであろう.いるとすれば,それはたまたま近所に住んでいるエアプ情報系のオタクくらいなもんである.

そんなことはさておき,今日は「ロボットは東大に入れるか」を読んだ.もちろん,数年前に話題となった「東ロボくん」の研究の筆頭であり,ベストセラーとなった「AI vs. 教科書の読めない子どもたち」の著者が書いた本である.私は残念ながら「AI vs. 教科書の読めない子どもたち」は未読なのだが,おそらくそれと比べて,本書はかなり技術寄りの本となっている.センター試験東京大学二次試験などをいかにしてAIに説かせたかという具体的な方策が記されている.例えば英語だとword2vecや深層学習,その他様々な(驚くべきことに,本当に様々である.著者いわく,当時考えうる全てのアルゴリズム,学習法を試したと記されている)機械学習を用いている.数学だと,数理論理学を用いた自然演繹による解法(とかくと,おそらく著者からそんな単純なことではないぞとマサカリが飛んできそうなものである)や,物理だと驚くべきことに,シュミレーションを用いて答えを導いたそうである.その全てを読むことは私の知識と時間の都合上できなかったが,例えば似たようなAIを組もうとなったときに,この本の示すアプローチは大いに参考になることであろう.(私も、一日一冊と称して関係のない本ばかり読むのでなく、情報系の本を読んだ方が将来的に有意義なのだろうが......)

この本はそのように,技術書としても大きな意味を示すが,本書の最後のあとがきには,おそらく「AI vs....」でも書いたであろう,著者の日本教育に対する警鐘が記されてある.つまり「東ロボくん」は,実際問題分を何も理解することなく,問題を解き,そしてある程度――日本の受験生の平均以上程度の成績を出している.
しかしこれは,AI特有の現象ではないと指摘する.学生に「リーティングスキルテスト」を実施したところ,実にその点数が低い.つまり,我々人間も,問題文や教科書の諸概念の意味をよく理解することなく,それでもなんとなく,表面的には問題が解けているかのように装っているだけだと筆者は述べる.

 

解析学を何も理解せずに解析学の単位を取ったり,量子力学を何も理解せずに量子力学の単位を取ったりしてきた私には,実に耳の痛い話である.

 

 

1950年代と地域社会 神奈川県小田原地域を対象として(一日一冊、2/22)

今日はおいしいラーメンを食べに片道30分、車を一人で運転して行った。人生最長記録である。これからもどんどん更新していきたい。初心者マークは外さないがな!
(初心者マークをつけていると、気のせいかもしれないが、周りの車が私を避けていく気がする)

 

さて、今日読んだのは「1950年代と地域社会 神奈川県小田原地域を対象として」である。この企画の特徴として中身を一切見ずに本を手に取るというものがあるのだが、今回はそれが凶と出た。

具体的な内容としては、1950年代の地域社会について、農業、工業、経済、生活、教育、政治などの様々な角度から明らかにしていこうという、一橋大学の教授を中心とした研究チームの、8年にも及ぶ調査をまとめた学術書である。そのため内容は複雑仔細を極め、とてもではないが一般人が気軽に読めるようなものではなかった。

特に小田原市にスポットを当てているので、本書の大部分は「小田原市史書」であり、小田原市とは縁もゆかりもない私としてはあまり興味の沸くものではなかった。しかし、各セクションの後に小括がまとめられており、全体にも総括が書かれているので、そこだけを読むことにした。ざっくりとしたまとめとしては、1950年代の地域社会は、昔ながらの農村関係(ムラ)と都市の枠組みが、対立するわけでもなく互いを圧倒するわけでもなく、微妙な塩梅に共生しており、それを支えたのは地域の協同性の気質であったということらしい。

この本を手に取って、文系科目の研究とはこのように行われるものなのかと感心した。目を引くのはその参考文献の量の多さである。小田原市という、おそらく研究メンバーの多くにとっては縁もゆかりもない地域について、これだけ詳細に調べ上げ、ひとつの文章にまとめるというのは、並大抵の努力ではないのだろうと感じた。
もちろん、それが一冊の本として、学術的価値と、一般人が読んで面白いかは、もちろん別の話である。ただ、この本が、最近の日本に蔓延する、1950年代の日本を「理想」を追い求めた夢の時代であった、というノスタルジックに描写する傾向に対する学術的な答えであることには間違いない。

 

1950年代と地域社会―神奈川県小田原地域を対象として

1950年代と地域社会―神奈川県小田原地域を対象として